FC2ブログ
長い人だと数ヶ月間も苦しめられる花粉症の対策では、くしゃみや鼻水、鼻づまりに直接働きかけて和らげるケアと、根本原因になっているアレルギー体質を改善するケアのふたつのどちらかを選択、または併用します
まず、くしゃみ、鼻水、などの不快な症状の改善にはエルダーフラワーが有効で、抗アレルギー作用が症状の元である鼻粘膜の症状や目の充血を軽くします
ネトルにも抗アレルギー作用がありますが、アレルギー体質そのものに働きかけて改善を促すタイプですから、根気よく使い続けることが大切です
ペパーミントはさわやかな香りのメントールに、鼻づまりをすっきりさせて頭痛を和らげる即効性に期待できます

エルダーフラワーのティー
 材料:1杯分=エルダーフラワー 3g
         熱湯 200ml
 
 手順:細かくしたエルダーフラワーを熱湯で3分間抽出し、カップに注ぎ、毎食後に飲みます。湯気をたっぷり吸い込むようにすると、さらに効果的です。

ネトルのティー
 材料:1杯分=ネトル 3g
         熱湯 200ml

 手順:細かくしたネトルを熱湯で3分間抽出し、カップに注ぎ毎食後に飲みます。

ペパーミントの蒸気吸入

 材料:1杯分=ペパーミント 5g
         熱湯 200ml

 手順:鼻づまりや頭痛がひどいときに、ペパーミントを洗顔器に入れて熱湯を注ぎ、頭からバスタオルをかぶって、ひと呼吸おいてから、蒸気吸入します。

『メディカルハーブ検定テキスト』引用

テーマ : 植物の生命力と癒しに感謝 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

アトピー性皮膚炎はもともとアレルギー体質に起因する病気ですが、食べ物や精神的なストレスも深く関わっていますから、ケアは簡単ではありません
しかし、ひどいかゆみをもたらす皮膚の炎症を抑えることができれば、患者の苦しみはかなり軽減されます
ハーブを使えば、副作用も穏やかなので、安心して使用できます
ジャーマンカモミールは、かゆみの元になっている皮膚や粘膜の炎症を抑える作用に優れているので、ハーブティーと全身浴で体の内と外、両方からの消炎に期待します
ローズヒップをプラスするのは炎症によって消耗しているビタミンCを効果的に補給するためで、アトピー性皮膚炎だけではなく、ふつうの湿疹にも有効な方法です

ジャーマンカモミールとローズヒップのティー
 材料:1杯分=ジャーマンカモミール 2g
         ローズヒップ 2g
         水 200ml

 手順:ローズヒップをつぶし、種と毛を取り除いておきます。鍋に水を入れ火にかけ、沸騰させて火を止めます。細かくしたジャーマンカモミールとローズヒップを入れて5分間抽出し、茶こしを使ってカップに注ぎます。

ジャーマンカモミールのハーバルバス
 材料:1回分=ジャーマンカモミール 15g
         熱湯 500ml

 手順:細かくしたジャーマンカモミールを熱湯で10分間以上抽出して濃いめの浸剤を作り、ざるでこしたものをバスタブの湯に入れて全身浴をします。

『メディカルハーブ検定テキスト』引用

テーマ : 植物の生命力と癒しに感謝 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

シワ、たるみもシミと同じように皮膚の老化が根本原因ですから、メディカルハーブの得意分野といえます
このケアではフェイシャルスチームで肌を引き締めてくれるハーブと対内から作用してコラーゲンの生成を促してくれるハーブを選びます
リンデンは肌を引き締める収れん作用と肌にうるおいをもたらす保湿作用があり、ウスベニアオイに多く含まれている粘液質も保湿と肌の保護に役立ちます
またローズヒップには、コラーゲンの生成に欠かせないビタミンCがレモンの20~40倍も含まれており、熱湯でも壊れにくいという特性を持っています

リンデンとウスベニアオイのフェイシャルスチーム
 材料:1回分=リンデン 3g
          ウスベニアオイ 3g
          熱湯 1000ml

 手順:洗面器にリンデンとウスベニアオイを入れて、熱湯を注ぎます。頭からタオルをかぶって熱湯を注ぎます。頭からタオルをかぶって熱気を逃がさないようにしながら、約10分間フェイシャルスチームをします。

ローズヒップのティー
 材料:1杯分=ローズヒップ 3g
          水 200ml
 
 手順:乳鉢でローズヒップをつぶし、種と毛を除いておきます。鍋に水を入れて火にかけ、沸騰したら火を止めます。つぶしたローズヒップを入れて5分間抽出し、茶こしを使ってカップに注ぎます。

『メディカルハーブ検定テキスト』引用

テーマ : 植物の生命力と癒しに感謝 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

メディカルハーブを美容に利用する方法のうち、ハーブティーなどで有効成分を摂取して体の内部からケアする方法を内面美容法といいます
肌荒れに対してはその内面美容法を選択し、炎症を抑えるハーブ、吹き出物などがある場合は解毒作用に優れてたハーブを使います
ジャーマンカモミールは消炎作用に優れたハーブの代表格で、鎮静作用もあるのでストレスが誘因になっている肌のトラブルに有効です
肌のケアに消費されるビタミンCの補給には、ローズヒップが最適ダンテライオンは吹き出物対策として、肝臓を強化して解毒を促進させる作用に期待します

ジャーマンカモミールとローズヒップのティー
 材料:1杯分=ジャーマンカモミール 2g
         ローズヒップ 2g
         水 200ml

 手順:乳鉢でローズヒップをつぶし、種と毛を除いておきます。鍋に水を入れ火にかけ、沸騰させて火を止めます。細かくしたジャーマンカモミールとローズヒップを入れて5分間抽出し、茶こしを使ってカップに注ぎます。

ダンテライオンのティー
 材料:1杯分=ダンテライオン(ロースト) 3g
         熱湯 200ml

 手順:ダンテライオンをカップに入れ熱湯を注ぎ、良く混ぜます。

『メディカルハーブ検定テキスト』引用

テーマ : 植物の生命力と癒しに感謝 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

いつの間にか目につくようになってきたシミ…

正体は体内で作られたメラニン色素で、無防備に浴びてしまった紫外線などが原因ですしかし、10代のころは少しぐらい日に焼けても何ともなかったのですから、つまるところは老化現象のひとつです

メディカルハーブのケアでは、この老化を遅らせるためにハーブの持つ抗酸化作用で、シミ、色素沈着の予防にアプローチします

美容目的で活用されるメディカルハーブは十指に余りますが、美白、整肌作用に優れたジャーマンカモミールとマルベリーを選択

ジャーマンカモミールはヨーロッパで多くのハーブ化粧品に利用されていますし、マルベリーには亜鉛など抗酸化作用に役立つミネラルが多く含まれています

ジャーマンカモミールの外用チンキ
 材料:チンキ=ジャーマンカモミール 10g
       ウォッカ(アルコール度数40度以上のもの) 200ml

 外用=チンキ 10ml
    精製水 90ml
    (必要に応じて植物性グリセリン1~5ml)

 手順:ジャーマンカモミールをウォッカに2週間漬け込んで作ったチンキを精製水で希釈し、シミや色素沈着の出そうな部位に塗布またはシップします。希釈液にグリセリンを加えると、保湿効果も得られます。

マルベリーのフェイスパック
 材料:1回分=マルベリー 小さじ1/3
カオリン 小さじ2/3
精製水 小さじ約1

 手順:パウダーにしたマルベリーとカオリン(クレイの一種)に精製水を加えて乳鉢で練り、フェイスパックをします。パックの粘度は水の量で調整し、パック後は乾ききる前に洗い流します。

『メディカルハーブ検定テキスト』引用

テーマ : 植物の生命力と癒しに感謝 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»