上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、酸素サプリが好評です

有難い事に

国内津々浦々から
ご注文頂いておりますm(_ _)m

ご愛用の方々から
喜びの声をメールなどで頂戴するたびに

「やはり、身体に良いものなんだ!」
と、何度も感激させられます^_^

酸素サプリは
カプセルに入る事が困難な方や
近くにサロンが無い方々にオススメして
いますが

私自身、疲れ知らずで、二日酔いが軽減されました

ずっーと、3本で ¥9,800 にて
ご提供させて頂いています

これから暑い、梅雨や夏を
酸素サプリで乗り越えましょう^_^

スポンサーサイト

テーマ : ダイエット・美容・健康 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

ビール

とにかくつらい二日酔いそこで二日酔いの対策をご紹介

まずお酒を飲むときに、つまみにチーズを食べること

二日酔いの原因となるアセトアルデヒドという有害物質を、チーズに含まれる良質のたんぱく質が分解してくれます
また、お酒を飲む前にチーズを食べておくと、チーズの成分が胃壁をガードしてくれるので、胃の負担を軽くしてくれます
さらにチーズには肝機能障害を食い止める働きもあり、なかなかすぐれもの食品ですね

お酒の前に、牛乳をコップ一杯飲んでおいても、同様の効果があります

テーマ : 食と健康 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

抗生物質は、マグネシウムやアルミニウムの含まれる胃薬と一緒に飲むと、互いに結合してしまい吸収されにくくなります。

消化性潰瘍のH2-ブロッカーという薬は、テオフィリンという喘息の薬の肝臓での代謝を抑えるので、喘息の薬の作用が強く出ることがあります。

抗凝固剤(ワーファリン)は、血液中のタンパク質と結合しやすい痛み止めの薬(アスピリン)などと一緒に飲むと、タンパク質と結合しない抗凝固剤の量が増えて作用が強く出すぎて、出血しやすくなることがあります。

前出の喘息の薬(テオファリンなど)は気管支を広げる薬ですが、プロプラロールなど血圧を下げる薬の一部には、気管支を収縮する作用があります。この二つの薬を一緒に服用すると、互いの作用が弱まってしまいます。

主な薬同士の相性の悪い組み合わせ
①潰瘍の薬と相性の悪い組み合わせ
血液が固まらなくなる薬、血圧を下げる薬、喘息の薬、うつ病の薬、てんかんを抑える薬などとの併用では、「これらの薬の作用が強くなる」ことがあります。

②糖尿病の薬と相性の悪い薬
解熱鎮痛剤、痛風の薬、血圧を下げる薬(β‐ブロッカー)、抗生物質、うつ病の薬、ルモン剤、尿を出す薬などとの併用では、「低血圧症状を起こす」ことがあります。

③高血圧の薬と相性の悪い薬
強心剤、潰瘍の薬、てんかんの薬、喘息の薬、糖尿病の薬、痛風の薬などとの併用では、「血圧が下がりすぎる、効果が弱くなる、血糖が低くなる」などのことがあります。

④喘息の薬と相性の悪い薬
狭心症の薬、抗生物質、潰瘍の薬、痛風の薬、めまいの薬などとの併用では、「喘息の薬が効きすぎて気分が悪くなる」ことがあります。

⑤風邪の薬と相性の悪い薬
糖尿病の薬、抗凝固剤、催眠剤、高血圧の薬、不整脈の薬、うつ病の薬などとの併用では、「血糖が下がりすぎる、出血しやすくなる、気分が悪くなる」などのことがあります。

『おばあちゃんの知恵袋』引用



テーマ : 健康管理 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。