上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パソコンを日常的に長時間使用する機会が多くなったため、眼精疲労やドライアイなどの目のトラブルを抱えている人が増えてきています。

目のケアはその場で簡単にできることと、即効性があることがポイントなので、目に直接作用するハーブをここでは紹介します。

ウスベニアオイのティー  ウスベニアオイの青色はブルーベリーに含まれていて目にいいと言われているアントシアニンを含んでいます。これは体内に吸収されると短時間のうちに疲れた眼の疲れを回復させます。

材料 ウスベニアオイ2g 熱湯200ml (1人分)

 作り方 ウスベニアオイを熱湯で3分間抽出して、カップに注ぎます。
スポンサーサイト

テーマ : 健康管理 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

あなたは最近便秘や冷え性、肥満、肩こりなどの悩みを抱えていませんか
これらはすべて体にたまった「毒素」が原因です。

人の体はうまくできていて不要なものは便や尿、汗などで体の外に排出しています。ところがちょっとしたきっかけで、排出のシステムがうまくいかなくなり、「毒素」となって体にたまってしまいます。

この毒素が血液をドロドロにし、血液の流れが悪くなり冷え症や、肥満などの不快症状の原因のなります。

これらの症状を解消するためには軽い運動や効果的な血液循環を促すことが大切です。

i-stationでは効果的な血液循環の方法として酸素カプセルをおすすめしています。カプセルに入ると、血液や体の中の水分の循環が促進され、体の排毒作用を促します。

冷え症や便秘、肥満、肩こりでお悩みの方、ぜひ一度酸素カプセルを試してみてください。

テーマ : 健康管理 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

肩こりや腰痛の大きな原因のひとつは筋肉の疲労です筋肉疲労というとスポーツを思いがちですが、1日中パソコンの前に座っているなど、長時間同じ姿勢をとり続けることからくる疲労も慢性的な肩こりや腰痛につながります
メディカルハーブのケアでは慢性的な痛みに対して温シップを行い、ハーブティーで疲労回復を促します
ペパーミントに含まれるメントールには筋肉の炎症を鎮めて痛みをとる作用があり、ジャーマンカモミールを使うことによって、緊張による血流悪化の緩和も期待できます
また、ハイビスカスには代謝を促進するクエン酸などの植物酸が多く含まれているので、筋肉の疲労回復に効果を発揮します

ジャーマンカモミールの温シップ
 材料:1回分=ジャーマンカモミール 5g
         水 500ml

 手順:鍋に水を入れ火にかけ、沸騰したら火を止めます。ジャーマンカモミールを入れて、10分間抽出します。抽出液をざるでこし、布を浸します。その布を軽く絞って冷めないうちに肩、腰をシップします。

ハイビスカスのティー
 材料:1回分=ハイビスカス 2g
         熱湯 200ml

 方法:細かくしたハイビスカスを熱湯で3分間抽出し、カップに注ぎます。

ペパーミントの温シップ
 材料:1回分=ペパーミント 3g
         水 500ml

 手順:鍋に水を入れ火にかけ、沸騰したら火を止めます。ペパーミントを入れて、10分間抽出します。抽出液をざるでこし、布を浸します。その布を軽く絞って冷めないうちに肩、腰をシップします。

『メディカルハーブ検定テキスト』引用

テーマ : 植物の生命力と癒しに感謝 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

メディカルハーブの利用単位は1回数gという場合がほとんどです。0.1g単位まで計測できる計量器があればベストですが、無いときの目安を覚えておきましょう
ボウル(カットされていないもの。あるいは全形をとどめたもの)のドライハーブは、花や葉を親指、人差し指、中指の3本でひとつまみが約1g、細かくつぶした状態だと小さじ1/2が約1g、ローズヒップはつぶす前の1個が約1gです

『メディカルハーブ検定テキスト』引用

テーマ : 植物の生命力と癒しに感謝 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

スポーツで消費されるエネルギーの大部分は糖質ですから、運動の前に吸収のいい糖質を摂ってエネルギーをためておくのはスポーツマンの常識です
糖質のエネルギー代謝を活発にするハイビスカスのティーはその手助けをしてくれる天然のスポーツ飲料のようなもの
運動で消耗するビタミンCをローズヒップで補給しておけば完璧です
マテ茶には豊富に含まれるカフェインが、集中力のアップに役立つことを期待します

ハイビスカスとローズヒップのティー
 材料:1杯分=ハイビスカス 2g
         ローズヒップ 2g
         熱湯 200ml

 手順:ローズヒップをつぶし、種と毛を除いておきます。鍋に水を入れ火にかけ、沸騰したら火を止めます。細かくつぶしたローズヒップとハイビスカスを入れて5分間抽出し、茶こしを使ってカップに注ぎます。

マテのティー
 材料:1杯分=マテ 3g
         熱湯 200ml

 手順:細かくしたマテを熱湯で3分間抽出し、カップに注ぎます。

テーマ : 植物の生命力と癒しに感謝 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

長い人だと数ヶ月間も苦しめられる花粉症の対策では、くしゃみや鼻水、鼻づまりに直接働きかけて和らげるケアと、根本原因になっているアレルギー体質を改善するケアのふたつのどちらかを選択、または併用します
まず、くしゃみ、鼻水、などの不快な症状の改善にはエルダーフラワーが有効で、抗アレルギー作用が症状の元である鼻粘膜の症状や目の充血を軽くします
ネトルにも抗アレルギー作用がありますが、アレルギー体質そのものに働きかけて改善を促すタイプですから、根気よく使い続けることが大切です
ペパーミントはさわやかな香りのメントールに、鼻づまりをすっきりさせて頭痛を和らげる即効性に期待できます

エルダーフラワーのティー
 材料:1杯分=エルダーフラワー 3g
         熱湯 200ml
 
 手順:細かくしたエルダーフラワーを熱湯で3分間抽出し、カップに注ぎ、毎食後に飲みます。湯気をたっぷり吸い込むようにすると、さらに効果的です。

ネトルのティー
 材料:1杯分=ネトル 3g
         熱湯 200ml

 手順:細かくしたネトルを熱湯で3分間抽出し、カップに注ぎ毎食後に飲みます。

ペパーミントの蒸気吸入

 材料:1杯分=ペパーミント 5g
         熱湯 200ml

 手順:鼻づまりや頭痛がひどいときに、ペパーミントを洗顔器に入れて熱湯を注ぎ、頭からバスタオルをかぶって、ひと呼吸おいてから、蒸気吸入します。

『メディカルハーブ検定テキスト』引用

テーマ : 植物の生命力と癒しに感謝 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

かくしつ強壮は文字通り、強く活力をみなぎらせることで、肉体的な活力だけではなく、心の元気付けも含みます
特定のトラブル解消ではないので、毎日利用できる方法であることが大切ですから、剤型は手軽に継続できるティーを選びます
ダンテライオンは強肝作用、利胆作用があり、滋養強壮にはもってこいのハーブです
また、マテの豊富なカフェインも心身の元気づけには欠かせません
両方ともティー以外に牛乳と混ぜてもおいしく飲めるので、利用の幅が広くなります

ダンテライオンのティー
 材料:1杯分=ダンテライオン(ロースト) 3g
         熱湯 200ml

 手順:ダンテライオンをティーカップに入れ、熱湯を注ぎ、よくかき混ぜます。

ダンテライオンのミルクティー
 材料:1杯分=ダンテライオン(ロースト) 3g
         水 60ml
         牛乳 140ml

 手順:鍋に水を入れ火にかけ、沸騰したら火を止めます。ダンテライオンを入れて、10分間以上抽出します。牛乳を加えて弱火で再加熱します。

マテのティー
 材料:1杯分=マテ 3g
         熱湯 200ml

 手順:細かくしたマテを熱湯で5分間抽出し、カップに注ぎます。

マテのミルクティー
 材料:1杯分=マテ(ロースト) 3g
         水 60ml
         牛乳 140ml

 手順:鍋に水を入れ火にかけ、沸騰したら火を止めます。マテを入れて、10分間以上抽出します。牛乳を加えて弱火で再加熱します。

『メディカルハーブ検定テキスト』引用

テーマ : 植物の生命力と癒しに感謝 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

アトピー性皮膚炎はもともとアレルギー体質に起因する病気ですが、食べ物や精神的なストレスも深く関わっていますから、ケアは簡単ではありません
しかし、ひどいかゆみをもたらす皮膚の炎症を抑えることができれば、患者の苦しみはかなり軽減されます
ハーブを使えば、副作用も穏やかなので、安心して使用できます
ジャーマンカモミールは、かゆみの元になっている皮膚や粘膜の炎症を抑える作用に優れているので、ハーブティーと全身浴で体の内と外、両方からの消炎に期待します
ローズヒップをプラスするのは炎症によって消耗しているビタミンCを効果的に補給するためで、アトピー性皮膚炎だけではなく、ふつうの湿疹にも有効な方法です

ジャーマンカモミールとローズヒップのティー
 材料:1杯分=ジャーマンカモミール 2g
         ローズヒップ 2g
         水 200ml

 手順:ローズヒップをつぶし、種と毛を取り除いておきます。鍋に水を入れ火にかけ、沸騰させて火を止めます。細かくしたジャーマンカモミールとローズヒップを入れて5分間抽出し、茶こしを使ってカップに注ぎます。

ジャーマンカモミールのハーバルバス
 材料:1回分=ジャーマンカモミール 15g
         熱湯 500ml

 手順:細かくしたジャーマンカモミールを熱湯で10分間以上抽出して濃いめの浸剤を作り、ざるでこしたものをバスタブの湯に入れて全身浴をします。

『メディカルハーブ検定テキスト』引用

テーマ : 植物の生命力と癒しに感謝 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

シワ、たるみもシミと同じように皮膚の老化が根本原因ですから、メディカルハーブの得意分野といえます
このケアではフェイシャルスチームで肌を引き締めてくれるハーブと対内から作用してコラーゲンの生成を促してくれるハーブを選びます
リンデンは肌を引き締める収れん作用と肌にうるおいをもたらす保湿作用があり、ウスベニアオイに多く含まれている粘液質も保湿と肌の保護に役立ちます
またローズヒップには、コラーゲンの生成に欠かせないビタミンCがレモンの20~40倍も含まれており、熱湯でも壊れにくいという特性を持っています

リンデンとウスベニアオイのフェイシャルスチーム
 材料:1回分=リンデン 3g
          ウスベニアオイ 3g
          熱湯 1000ml

 手順:洗面器にリンデンとウスベニアオイを入れて、熱湯を注ぎます。頭からタオルをかぶって熱湯を注ぎます。頭からタオルをかぶって熱気を逃がさないようにしながら、約10分間フェイシャルスチームをします。

ローズヒップのティー
 材料:1杯分=ローズヒップ 3g
          水 200ml
 
 手順:乳鉢でローズヒップをつぶし、種と毛を除いておきます。鍋に水を入れて火にかけ、沸騰したら火を止めます。つぶしたローズヒップを入れて5分間抽出し、茶こしを使ってカップに注ぎます。

『メディカルハーブ検定テキスト』引用

テーマ : 植物の生命力と癒しに感謝 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

メディカルハーブを美容に利用する方法のうち、ハーブティーなどで有効成分を摂取して体の内部からケアする方法を内面美容法といいます
肌荒れに対してはその内面美容法を選択し、炎症を抑えるハーブ、吹き出物などがある場合は解毒作用に優れてたハーブを使います
ジャーマンカモミールは消炎作用に優れたハーブの代表格で、鎮静作用もあるのでストレスが誘因になっている肌のトラブルに有効です
肌のケアに消費されるビタミンCの補給には、ローズヒップが最適ダンテライオンは吹き出物対策として、肝臓を強化して解毒を促進させる作用に期待します

ジャーマンカモミールとローズヒップのティー
 材料:1杯分=ジャーマンカモミール 2g
         ローズヒップ 2g
         水 200ml

 手順:乳鉢でローズヒップをつぶし、種と毛を除いておきます。鍋に水を入れ火にかけ、沸騰させて火を止めます。細かくしたジャーマンカモミールとローズヒップを入れて5分間抽出し、茶こしを使ってカップに注ぎます。

ダンテライオンのティー
 材料:1杯分=ダンテライオン(ロースト) 3g
         熱湯 200ml

 手順:ダンテライオンをカップに入れ熱湯を注ぎ、良く混ぜます。

『メディカルハーブ検定テキスト』引用

テーマ : 植物の生命力と癒しに感謝 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

頭の汗がひどい・・・


毎日こう暑くては、汗の量もハンパなく増える・・・・


夏のキョーレツな紫外線・ストレスから起こる自律神経機能の乱れ・冷たいものをガブガブ・・・・

夏の頭皮は想像以上のダメージが・・・


お客様にも口をすっぱくしながらお伝えしていることですが

 ―少しでも抜け毛を減らす為には―

1、とにかく冷たい飲み物などを控える事
  
  なかなか無理な事だけど、暑さでほてった体温を急激に冷やして血流が悪くなる。
  健康のためには 頭寒足熱 と言いますが、頭寒足熱を実行するのであれば、
  ダイレクトに冷たさを感じる位の水でシャンプーすることをお勧めします。

  不思議なことだけど、冷たい物が大好きな人ほど
  頭のてっぺんから薄くなる傾向があるのです・・
  
  キンキンに冷えたビールは真夏には格別美味しいですが、
  香味(にんにく、ねぎ、しょうがなど)の効いたおかずや
  温かく料理された物を一緒に召し上がるようにしてください


2、過度のシャンプーは止めてみる

  汗をかくことで、ついつい1日に何度も髪を洗いたくなりますが、
  基本的にシャンプーは1日1回で十分
  汗やほこり程度ならぬるま湯で流すだけで、洗い流せるのです  

  市販のシャンプーのほとんどがアルカリ性。
  アルカリはタンパク質を分解するので、洗髪にはなるべく
   弱酸性 を心がけておきたいものです

  しかし、実際どうすれば良いのか・・・・? と、思われますが
  男性の髪の長さ程度ならば、本来は水道水でしっかり頭皮を洗えば十分なのです。
  ニオイ等が気になるのならば、リンスとして
  クエン酸やレモン水、ミョウバン水などを使用してみてください。

  当店が過度のシャンプー使用を否定するのは、
  皮膚は強い洗浄力が与えられると乾燥が進み、どんどん油分を出すためです。
  脂性の人が、ますます脂を出すのはそのためなのです。

  思い切ってシャンプーを止めてみると、しばらく髪の毛はベタつきますが、
  天然のリンス材のみで洗髪を続けていくうちに、
  頭皮のかゆみ、臭い、脱毛が緩和されるのです。

  一度お試しあれ・・・
冷え性だという女性の方は多いのではないでしょうか?

冬の寒さで手足の指先が冷えるのはしょうがないですが、
夏でもオフィスや、お店では冷房が強すぎて、身体が冷え切ってる
なんてことは、ありませんか

体温が低下すると、免疫力の低下や自律神経失調症、慢性疲労など、
様々なトラブルが増えてしまいます

体温を上昇させ、それを保つためには、血液の巡りをよくし、
新陳代謝を活発にすることが必要です

酸素摂取が十分に足りていると、血流がスムーズに保たれ、
体内のエネルギーも十分な状態のなります

また血液が毛細血管のすみずみまで行き渡り、身体の末端まで暖かくなり、冷えの解消も実感出来ます
酸素が冷え性を解消してくれるということですね

酸素カプセルは、冷え性の女性の心強い味方です

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。