FC2ブログ
普通に日常を送っていても、つい酸素が欠乏しがちな現代日本の社会構造。


酸素が全身にほどよく行き渡らないことは、
あらゆる疾患の発症を促すきっかけになりかねないのですが・・・
酸素が適性に供給されなくなる病状の最たるものといえば、

心不全が筆頭にあがってきます!!

心不全は突然襲ってくる急性心不全もよく聞かれます。

心臓の機能が充分に働かなくなることが、この心不全の究極のリスクです。
血液を全身の隅々に送り届けるのが心臓の役目ですから、
酸素だけではなく、栄養素の供給まで滞ることになります。
症状が深刻であれば当然命に関わってきますし、
できる限り避けて済ませたい疾患のひとつです。


心不全がもたらされる原因は、
やはり高血圧のような生活習慣が多いことが最近よく指摘されています。
原因はそれだけではありませんが、
いずれにしましても目立って息切れをよく起こしているような方ですと、
心臓や肺の機能に支障が発生している恐れはありますから、
しっかりとした診察を受ける必要があります。

そして、酸素カプセルで溶解型酸素を全身に補給するのが
理想的な改善対策と呼べるのではないかと思います。


最近の医学界では酸素カプセルや溶解型酸素の研究は、
活発に行われているようですが
重症の心不全患者に対する適量の酸素の効能は、
さかんに証明されているとのことです。


心臓の機能の低下のために手足の筋肉に酸素が行き渡らなくなって
運動能力が著しく衰えてしまうケースがあるのですが、
それほどの重症のケースであっても、筋肉に酸素を行き渡らせることができれば
もう一度運動能力を取り戻すことが可能であることも、
実験を通じてレポートされているのです。


・・・・そこまで重症の方はそんなにいらっしゃらないかとは思いますが、
心不全という病名に限らず、心臓や肺の機能が滞ってしまうケースは
近年では本当に珍しいものではありません。

一度機能が落ちてしまうと、一日や二日で復活させられるほど
心配機能の回復は簡単ではないですから、
酸素カプセルをじっくり活用して、確実にかつての健康体を
取り戻していただきたいです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |