FC2ブログ
いつの間にか目につくようになってきたシミ…

正体は体内で作られたメラニン色素で、無防備に浴びてしまった紫外線などが原因ですしかし、10代のころは少しぐらい日に焼けても何ともなかったのですから、つまるところは老化現象のひとつです

メディカルハーブのケアでは、この老化を遅らせるためにハーブの持つ抗酸化作用で、シミ、色素沈着の予防にアプローチします

美容目的で活用されるメディカルハーブは十指に余りますが、美白、整肌作用に優れたジャーマンカモミールとマルベリーを選択

ジャーマンカモミールはヨーロッパで多くのハーブ化粧品に利用されていますし、マルベリーには亜鉛など抗酸化作用に役立つミネラルが多く含まれています

ジャーマンカモミールの外用チンキ
 材料:チンキ=ジャーマンカモミール 10g
       ウォッカ(アルコール度数40度以上のもの) 200ml

 外用=チンキ 10ml
    精製水 90ml
    (必要に応じて植物性グリセリン1~5ml)

 手順:ジャーマンカモミールをウォッカに2週間漬け込んで作ったチンキを精製水で希釈し、シミや色素沈着の出そうな部位に塗布またはシップします。希釈液にグリセリンを加えると、保湿効果も得られます。

マルベリーのフェイスパック
 材料:1回分=マルベリー 小さじ1/3
カオリン 小さじ2/3
精製水 小さじ約1

 手順:パウダーにしたマルベリーとカオリン(クレイの一種)に精製水を加えて乳鉢で練り、フェイスパックをします。パックの粘度は水の量で調整し、パック後は乾ききる前に洗い流します。

『メディカルハーブ検定テキスト』引用
スポンサーサイト



テーマ : 植物の生命力と癒しに感謝 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |