FC2ブログ
ひとくちに不眠といっても、寝つきが悪いタイプと「早朝覚醒」という早朝に目が覚めてしまうタイプとでは原因がやや異なり、早朝覚醒タイプが抑うつ傾向が背景にあるとされています
メディカルハーブでのケアもこの違いに合わせて、普通の不眠には鎮静作用や緩和作用に優れたハーブを、抑うつタイプには抗うつ作用のあるハーブを使います
ジャーマンカモミール、ペパーミントリンデンの3つはいずれも前者で、鎮静作用(ペパーミントは賦活から鎮静へ移行していきます)が心身をリラックスさせて睡眠を誘います
セントジョンズワートは後者で、科学的にも確認されている抗うつ作用が、気持ちを明るくさせて不眠を解消します

ジャーマンカモミールのティー
 材料:1杯分=ジャーマンカモミール 3g
         熱湯 200ml

 手順:細かくしたジャーマンカモミールを熱湯で3分間抽出し、カップに注ぎ、就寝前に飲みます。

ジャーマンカモミールとペパーミントのティー
 材料:1杯分=ジャーマンカモミール 2g
         ペパーミント 1g
 
 手順:細かくしたジャーマンカモミールとペパーミントを熱湯で3分間抽出し、カップに注ぎ、就寝前に飲みます。

セントジョンズワートのティー
 材料:1杯分=セントジョンズワート 3g
         熱湯 200ml

 手順:細かくしたセントジョンズワートを熱湯で3分間抽出し、カップに注ぎます。

リンデンの芳香浴
 材料:1回分=リンデン 5g
         熱湯 500ml

 手順:リンデンをボウルなど適当な容器に入れて寝室に置き、就寝前に熱湯を注いで部屋に湯気と香りを拡散させます。

『メディカルハーブ検定テキスト』引用






スポンサーサイト



テーマ : 植物の生命力と癒しに感謝 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |