FC2ブログ
血がたくさん出ているような大けがは、もちろん医師の手当てが必要ですが、小さな傷、ひび割れ、軽症のやけどには、メディカルハーブがすぐれた働きをします
外傷をケアする剤型では、やはり有効成分を長く作用させられる軟膏がベスト
セントジョンズワートがもつ鎮静作用が傷の痛みを和らげます
合わせて飲むハーブティーには、感染症の予防効果と創傷治癒作用のあるエキナセアをローズヒップとブレンドで使います
ローズヒップでビタミンCをしっかり補給すれば、コラーゲンの生成が促されて傷の治りが早くなります

セントジョンズワートの軟膏
 材料:浸出油=セントジョンズワート 10g
         マカデミアナッツ油 100ml

      軟膏=浸出油 25ml
         ミツロウ 5g

 手順:セントジョンズワートをマカデミアナッツオイルに2週間漬け込んで浸出油を作ります。その浸出油とミツロウを湯煎にかけて軟膏を作り、傷に塗布します。

エキナセアとローズヒップのティー
 材料:1杯分=エキナセア 3g
         ローズヒップ 2g
         熱湯 200ml
 
 手順:ローズヒップをつぶし、種と毛を取り除いておきます。鍋に水を入れ火にかけ、沸騰させて火を止めます。細かくしたエキナセアとローズヒップを入れて5分間抽出し、茶こしを使ってカップに注ぎます。

使用時に知っておきたいこと
 傷を負ってから製剤しても間に合わないので、軟膏は作ったものを常備しておきます。密閉性の高い遮光ビンに入れておけば3ヵ月程度は保存が可能です。



『メディカルハーブ検定テキスト』引用

スポンサーサイト



テーマ : 植物の生命力と癒しに感謝 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |